真かすべ=エイのことです!真かすべのほっぺの煮付け☆

この時期、北海道のスーパーには
「かすべ」という名前でツルッとしていて、白い魚の切り身が並びます。

「かすべ」とはエイの事で、北海道ではよく食されるお魚です。
(居酒屋などにあるエイヒレのエイです!)


「水かすべ」よりも「真かすべ」の方が美味しいと言われています。
ほっぺは”かすべのほほ肉”のことで、肉厚でとても美味しい!

”コラーゲンたっぷりの煮付けにしました!”

《材料》
かすべのほっぺ…  150~170gくらい(1パック)
醤油…       40㏄
酒…        100㏄
水…        100㏄
砂糖…       大さじ1強くらい
生姜スライス…   2~3枚(皮付き)
生姜千切り(お好みで)… 少々




《手順》

<かすべの下処理>
かすべのほっぺを軽く水で洗います。

沸騰したお湯の中にかすべを30秒ほど入れザルなどにあげる。


(水で血合いなどをきれいに取り除く)


調味料・スライスした生姜を鍋に入れ、沸騰させる。




➁に➀をいれ中火で煮付ける。

落し蓋をして5分ほど煮ます。

通常、煮付けは臭みを飛ばすなどの目的で”落し蓋”で作りますが、今回、煮汁を多く残したいので、落し蓋の上から”きせ蓋”をして、”切り蓋”(蓋をちょっとずらす)をします。





落し蓋をとり仕上げに
ひとつまみ程度、砂糖(分量外)を入れコクを出す。



煮汁を回しかけ5分ほど煮る。

器に盛りつけ生姜の千切りをのせて出来上がり。



次の日の煮こごり!



レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

コメント